HOME > 日本オリジナル情報 > ルミノメーターチャレンジキャンペーン

ルミノメーターチャレンジキャンペーン

ルミノメーターチャレンジキャンペーン
発光法だから検出できる 本当の細胞応答
試薬30%OFF!  訪問技術セミナー で、お得にレベルアップ!

11アミノ酸を付加するだけで内在性タンパク質も検出(ゲノム編集 or ベクター導入で)

製品名 サイズ カタログ番号  価格(¥)  特別価格(¥)
Nano-Glo® HiBiT Lytic Detection System 10 ml N3030 26,000 18,200
Nano-Glo® HiBiT Extracellular Detection System 10 ml N2420 28,000 19,600
Nano-Glo® HiBiT Blotting System 100 ml N2410 36,000 25,200
pBiT3.1-N [CMV/HiBiT/Blast] Vector 20 µg N2361 73,000 51,100
pBiT3.1-C [CMV/HiBiT/Blast] Vector 20 µg N2371 73,000 51,100
pBiT3.1-secN [CMV/HiBiT/Blast] Vector 20 µg N2381 73,000 51,100
pFC37K HiBiT CMV-neo Flexi® Vector 20 µg N2391 73,000 51,100
pFN38K HiBiT CMV-neo Flexi® Vector 20 µg N2401 73,000 51,100
pFN39K secHiBiT CMV-neo Flexi® Vector 20 µg N2411 73,000 51,100

タンパク質分解誘導剤 のスクリーニグにも!

製品名 サイズ カタログ番号  価格(¥)  特別価格(¥)
Nano-Glo® HiBiT Lytic Detection System 10 ml N3030 26,000 18,200
Nano-Glo® Live Cell Assay System 100回分 N2011 28,000 19,600
NanoBRET™ PPI MCS Starter System 1セット N1811 180,000 126,000
NanoBRET™ PPI Flexi® Starter System 1セット N1821 150,000 105,000

オートファジーもプレートリーダーで高速測定!

製品名 サイズ カタログ番号  価格(¥)  特別価格(¥)
Autophagy LC3 HiBiT Reporter Vector and Detection System 1kit GA2550 88,000 61,600
HEK293 Autophagy LC3 HiBiT Reporter Cell Line and Detection System 1kit GA1040 1,070,000 749,000
U2OS Autophagy LC3 HiBiT Reporter Cell Line and Detection System 1kit GA1050 1,070,000 749,000

3次元細胞対応発光試薬も!

製品名 サイズ カタログ番号  価格(¥)  特別価格(¥)
CellTiter-Glo® 3D Cell Assay 10 ml G9681 16,500 11,550
GSH/GSSG-Glo™ Assay, 10ml 10 ml V6611 92,000 64,400
Caspase-Glo® 3/7 Assay, 2.5ml 2.5 ml G8090 22,000 15,400
P450-Glo CYP3A4 Assay with Luciferin-IPA 10 ml V9001 24,000 16,800
Lactate-Glo™ Assay 5 ml J5021 74,000 51,800
Glucose–Glo™ Assay 5 ml J6021 67,000 46,900
Glutamate-Glo™ Assay 5 ml J7021 74,000 51,800
Glutamine/Glutamate-Glo™ Assay 5 ml J8021 80,000 56,000

リアルな細胞応答の検出

だから実現する
リアルな細胞応答の検出

これまでの検出
強制的に発現させて、
低い応答性(変化量)をなんとか検出
重要な変化を見落としがち

プロメガなら
本来の低レベルで発現させて、
高い応答性(変化量)を高感度に検出
重要な変化をキャッチ

発現量の低いタンパク質の場合、CMVプロモーターなどで強制的に発現させて検出することが一般的でした。しかし、プロメガの試薬と検出装置の技術を組み合わせることにより、弱いプロモーター(例:PGK )ベクターによる発現だけでなく、ゲノム編集技術で標的遺伝子にHiBiTを付加(タギング)した内在性の発現でも検出できるようになり、細胞内の応答性を鋭敏にとらえることができるようになりました。これは細胞内のタンパク質や生体分子に対して発現させる標的タンパク質が極端に多くなること無く、適切な化学量論的比率で維持されるからであると推察されます。このように、生体内に近い条件を構築することで、よりありのままの細胞応答をベースにした実験、スクリーニグが行えます。
  • ● より微細な細胞応答を検出可能
  • ● 真の生物学的応答を検出可能
  • ● コスト削減:より少ない細胞、酵素、
     化合物で測定可能