HOME > 日本オリジナル情報 > 抗体医薬研究サポート製品

抗体医薬研究サポート製品


  • 【 生物活性試験 】
    抗体依存性細胞障害 (ADCC)
    アッセイキット
  • 【 抗体簡便ラベルング&インターナリゼションアッセイ 】
    pHセンサー色素とプロテイン A/G 結合磁性体ビーズ
  • 【 物理化学的性質の分析 】
    Non-RI タンパク質
    変性度検出キット
  • 【 物理化学的性質の分析 】
    抗体消化用プロテアーゼ
     
【抗体医薬研究サポート製品】 選択ガイドは こちら
 >> 簡便で再現性の高いADCCアッセイ!
  • 従来のADCC アッセイだと…
  • ・エフェクター細胞の準備に手間暇がかかる
  • ・ドナーにより結果がバラつく
  • ・自然死した細胞による高いバックグラウンド

発光法のレポーターアッセイが
すべて解決!

生物活性試験

抗体依存性細胞障害(ADCC)アッセイキット


ADCC Reporter Bioassay

The Scientist誌の2013年革新的技術Top10に選ばれました。2年連続入選(2012年はNanoLuc® が入選)

  • ADCC 活性をNFAT シグナルパスウェイを用いたレポーターアッセイで測定
  • エフェクター細胞つき、試薬感覚の Thaw and use!
  • 厳しい品質管理をクリアした均質な細胞でバラつき低減
製品名 サイズ カタログ番号
ADCC Reporter Bioassay, Complete Kit (WIL2-S) 1kit G7014
ADCC Reporter Bioassay, Complete Kit (Raji) 1kit G7015

ADCC Reporter Bioassay

従来法

1 日で完了する簡単アッセイ

 >> 抗体ラベリング、ADC作製が On-Beadsで簡単にできる!
さらにpHセンサーとならプレートベースの抗体インタナリゼーションアッセイも可能

  • In-Solution抗体ラベリングの場合…
  • ・前処理として精製、透析、
     濃縮ステップが必要

On-Beadsなら細胞培養液、血清などから直接
抗体を捕捉して標識!多検体にも対応可能!

抗体簡便ラベルング&インターナリゼションアッセイ

インターナリゼーション検出用 pHセンサー蛍光色素

pHAb Thiol Reactive Dye
pHAb Amine Reactive Dye

  • 酸性になると蛍光を生じるので抗体のインターナリゼーションを検出
  • 96ウェルプレートでのインターナリゼーションアッセイも可能
  • Magne™ Protein A/G Beadsを利用すれば抗体標識が飛躍的に簡便に
製品名 サイズ カタログ番号
pHAb Thiol Reactive Dye 1×250µg G9831
4×250µg G9835
pHAb Amine Reactive Dye 1×250µg G9841
4×250µg G9845

受容体を介した抗体のインターナリゼーションアッセイ

明るいpHAb Dyeだから96ウェルプレートでのアッセイが可能

On-Beadsなら細胞培養液、血清などから直接
抗体を捕捉して標識!多検体にも対応可能!

抗体簡便ラベルング&インターナリゼションアッセイ

プロテイン A/G 結合磁性体ビーズ

Magne™ Protein A
Magne™ Protein G Beads

  • HaloTag® テクノロジーを応用した高効率な抗体捕捉
  • ビーズ上で抗体ー薬物複合体(ADC)の作製が可能
  • 標識抗体が高濃度で得られる
  • 20 μl から5 ml までのサンプルサイズに対応
  • 1- 96 サンプルまでオートメーション化も可能
製品名 サイズ カタログ番号
Magne™ Protein G Beads, 20% Slurry 1ml*(ビーズ 0.2 ml) G7471
Magne™ Protein A Beads, 20% Slurry 1ml*(ビーズ 0.2 ml) G8781

On-Bead Conjugation手順

【標識した抗体の応用例】
pHセンサー色素との複合体により、抗体の細胞内への取り込みを可視化(pHセンサー色素についてはお問い合わせください)
 >> 抗体の変性度評価の決定版!
  • 質量分析による変性度測定は…
  • ・高額な機器が必要
  • プロテアーゼ処理後にHPLC分析を行う方法だと…
  • ・時間がかかる ・プロテアーゼ処理の条件検討が必要

HPLCだけでできる
高感度な方法をお試しください!

物理化学的性質の分析

Non-RI タンパク質変性度検出キット

ISOQUANT® Isoaspartate Detection Kit

タンパク質の保存・出荷中に生じるイソアスパラギン酸残基をHPLCで定量。

  • PIMT(イソアスパラギン酸メチルトランスフェラーゼ)が
     イソアスパラギン酸にメチル基を転位する際に生じるSAHをHPLCで定量
  • プロテアーゼ処理を伴わず、テスト時間を短縮(1時間以内)
  • PIMT酵素反応に必要な試薬が全て含まれ、PIMT酵素修飾反応試薬としても使用可能
製品名 サイズ カタログ番号
ISOQUANT® Isoaspartate Detection Kit(HPLC) 100回分 MA1010

アッセイ原理

 >> 抗体の翻訳後修飾解析にはIdeS!
  • パパインやペプシンを使うと…
  • ・反応条件の検討が必要
  • ・収量の低さ
  • ・断片の不均一さ

迅速な反応で特異性高く、
簡便に至適なサイズの
断片を生じるプロテアーゼはIdeSだけ!

物理化学的性質の分析

抗体消化用プロテアーゼ

IdeS

抗体の翻訳後修飾、抗体ー薬物複合体(ADC)の解析に。クローン間、ロット間などサンプル間での比較が迅速に。

  • Streptococcus pyogenes由来のリコンビナント IgG分解酵素
  • 高純度
  • ヒンジ部下の一か所のみで特異性高く切断
  • 30分の反応で消化効率95%以上
  • 面倒な条件検討は不要
対象サンプル
ヒトIgG(IgG1, 2, 3, 4)、キメラ抗体、ヒト化抗体、Fc融合タンパク質、サルIgG、ウサギIgG、ヒツジIgG
製品名 サイズ カタログ番号
IdeS Protease 5000u V7511