HOME > テクニカルサービス > Q & A もくじ > Trypsin/Lys-C Mix, ProteaseMAX,他

プロメガ製品 Q & A 【 Trypsin/Lys-C Mix, ProteaseMAX,他 】

[ メニュー ]

Q. タンパク質分析用ProteaseにはMass Spec GradeとSequencing Gradeがありますが、どういった違いがありますか?

Q. プロメガTrypsinの特長はなんですか?

Q. Lys-CもTrypsinと同様に、Lysのカルボキシル側エステル結合を加水分解する活性を持ちますが、Trypsin単独と比較して、Trypsin/Lys-C Mixにはどういった特長がありますか?

Q. ProteaseMAX™ Surfactantはどのような原理でProtease消化を促進しますか?

Q. Protease消化剤ProteaseMAX™ Surfactantの構造は公開していますか?Protease消化の際に使用すると、反応後分解するようですが、どのような分解産物が生成されますか?

[ 解 答 ]

Q. タンパク質分析用ProteaseにはMass Spec GradeとSequencing Gradeがありますが、どういった違いがありますか?

A. Mass Spec GradeもSequencing Gradeも質量分析用製品ですが、Mass Spec Gradeはロットごとに質量分析による品質管理を行っている製品です。

メニューQ&Aもくじ日本語ホーム

Q. プロメガTrypsinの特長はなんですか?

A. 弊社データではありませんが、以下Trypsin比較論文があります。プロメガTrypsinは他社Trypsinと比較して、切断効率・再現性が高く、切断ミスも少ないことが示されています。
Systematic and quantitative comparison of digest efficiency and specificity reveals the impact of trypsin quality on MS-based proteomics:
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1874391911006440

メニューQ&Aもくじ日本語ホーム

Q. Lys-CもTrypsinと同様に、Lysのカルボキシル側エステル結合を加水分解する活性を持ちますが、Trypsin単独と比較して、Trypsin/Lys-C Mixにはどういった特長がありますか?

A. TrypsinはArgとLysのカルボキシル側、Lys-CはLysのカルボキシル側のエステル結合を加水分解する活性を持ちます。Trypsin単独では、切断することができないLys部位が残りますが、異なった酵素(Lys-C)を組み合わせることにより、全体的な分解効率・再現性が向上します。

Trypsin/Lys-C Mixによる切断効率の改善

  

また難分解性タンパク質の場合は、2ステップ切断(Urea存在下でLys-C消化を行い、希釈後さらにTrypsin消化を行う)が行われていましたが、Trypsin、Lys-Cの混合比率などを検討する必要がありました。Trypsin/Lys-C Mixは、最適比率で混合済みの製品ですので、マニュアルに従えばそのまま2ステップ切断を行えます。

2ステップ切断

  

メニューQ&Aもくじ日本語ホーム

Q. ProteaseMAX™ Surfactantはどのような原理でProtease消化を促進しますか?

A. ProteaseMAX™ Surfactantは界面活性剤ですので、目的タンパク質の溶解性を高めて消化効率・再現性を向上させます。またProteaseMAX™ Surfactant は、Proteaseのプラスチックへの吸着を防ぐことによりProteaseを安定化するのではないかと考えています。なおProteaseMAX™ Surfactant自体はProteaseの活性を阻害せず、消化反応の過程でマス解析に影響を与えない化合物に分解されます。 参考資料:Improve Protein Analysis with the New Mass Spectrometry-Compatible ProteaseMax™ Surfactant:
http://www.promega.com/pnotes/99/15674_03/15674_03.pdf

メニューQ&Aもくじ日本語ホーム

Q. Protease消化剤ProteaseMAX™ Surfactantの構造は公開していますか?Protease消化の際に使用すると、反応後分解するようですが、どのような分解産物が生成されますか?

A. 以下本社ポスター発表資料に記載がございます。「2. ProteaseMAX™ surfactant physical properties」をご参照ください。
Improved in-gel digestion results and work-flow through the use of a mass spectrometry compatible surfactant:
http://www.promega.jp/~/media/Files/Resources/Posters/ps094.pdf

メニューQ&Aもくじ日本語ホーム