HOME > プロメガ ライセンスプログラム

プロメガ ライセンスプログラム

Protease-Glo™ Assay Products Limited Use Label License (LULL)

※生細胞および動物個体での使用については弊社までお問い合わせください。
研究目的での使用に限定します。この製品の出荷によってもたらされる限定されたライセンスの条件は、下記のとおりになります。研究者は、細胞外(in vitro) におけるプロテアーゼ活性の検出あるいは測定を行うために自身の研究にのみ本製品および派生物、修飾物、構成物、産物(総称して“派生物”とする)を使用することができます。研究者は、直鎖状である製品の末端に適合するオリゴヌクレオチドを追加して異種DNA配列をクローニングする以外は、製品および派生物の円順列変異ルシフェラーゼレポーター(レポーター)核酸配列の変更や変異体作成を行う権利はありません。加えて、研究者は以下のどちらか1つ[(1)または(2)]を行う必要があります。(1) 製品および派生物の研究使用で以下すべて[(a),(b),(c)]についてPromega Corporationより購入した試薬を使用する(a) ルシフェラーゼ活性の測定または検出、(b) 細胞外でのDNA配列の転写、(c) 細胞外での転写物からの翻訳または、(2) Promega以外から購入した試薬と組み合わせて使用する場合を含みこれに限定されないその他の本製品および派生物の使用についてはライセンスを取得するためにPromegaへコンタクトを取る。プロテアーゼの測定あるいは検出以外の目的で本製品を使用する場合は、書面による承諾をPromegaより取得する必要があります。研究者は、事前にこのラベルライセンスを受領者へ伝え、この条件と制約に受領者が同意するのであれば、派生物を他者に譲渡することができます。研究機関による成果が、Promegaが持っているもしくはライセンスされている登録済み特許の正当な主張範囲に含まれない場合、もしくは商業化がこのラベルライセンスに違反しない場合は、この製品および派生物を用いての研究の結果による発見に基づく製品の研究機関による商業化はプロメガに対して支払いの義務はありません。この製品および派生物のこの他の利用はPromegaの明確な同意書なしには認可されません。もし、購入者/受領者がこの限定使用声明の条件を受け入れたくない場合、未開封のままの製品の返品をプロメガは受け入れます。しかしながら、製品を開封した場合、購入者はこの限定使用条件に同意したとみなされます。

※本文書は原文である英文のラベルライセンス内容の日本語訳であり、その内容・解釈については原文である 英文 が優先されます。