HOME > プロメガ ライセンスプログラム

プロメガ ライセンスプログラム

MiCheck miRNA Biosensor Clone

MiCheck Cloneの使用には以下の対象となる限定使用条件に同意する必要があります。
MiCheck Clone Label License

本品は、研究目的での使用に限定します。研究者はこの製品を自身の研究に使用することが出来ます。本 品及びその複製物の第三者に対する譲渡は認められていません。

供与時に研究者がこのラベルライセンスのコピーを受領者に渡し受領者がラベルライセンスの内容に同意するのであれば、研究使用のために派生物を他者に供与することが出来ます。

研究者は以下の条件を除きルシフェラーゼの遺伝子配列に変更を加えたり変異体を作製する権利はありません。(1)融合遺伝子配列を作製するために異種DNA配列を前述のルシフェラーゼ遺伝子の一端または両端が、インタクトなルシフェラーゼ遺伝子配列と比べて4つ以下のデオキシヌクレオチド末端欠失でクローニングされる場合、(2)ルシフェラーゼに基づくルミネッセンス活性の不活性化または再構成化を前提としたスプライシング研究促進のために核酸配列を挿入および除去する場合。加えて、研究者は次のことをしなければなりません。(1)この製品あるいは派生物を用いた研究でルミネッセンス活性を測定するのにPromega Corporationより購入したルミネッセントアッセイ試薬を使うこと。もしくは、(2)この製品あるいは派生物を用いるためのライセンスを結ぶためにプロメガ株式会社にコンタクトすること。

商業利用を含むその他の使用または供与はPromegaの明確な同意書なしには認可されません。商業利用とは、本製品および派生物の金銭や報酬を 得るためのあらゆる利用を意味します。それには次のものを含みますが、これに限定されるものではありません。(1)製品の製造(2)サービス、情報、データの提供、そして/もしくは製品もしくは派生物の再販(たとえ製品や派生物が研究用途に使用される場合であっても)。

このような商業用途、診断目的、治療目的、予防目的で使用する場合には、供給およびライセンス情報についてプロメガ株式会社に問い合わせてください。

本品は本質的に実験的な性質を有していますので、プロメガ株式会社では、本品の使用により生じた損害(試薬代、消耗品代、人件費及びこれに伴う一切の損害)について何ら補償しません。

配付を受けた者は、プロメガ株式会社からの本品の配付にあたり、第三者の特許権その他の権利を侵害しないことをプロメガ株式会社として何ら保証しないことを承諾し、本品の配付・使用に関連した一切の請求について、配付を受けた者の責任と負担において解決し、第三者に対する実施料の支払いを含む一切の損害をプロメガ株式会社に及ぼさないことを確約する必要があります。

もし、配付を受けた者がこの限定使用声明の条件を受け入れたくない場合、未開封のままの製品の返品をプロメガ株式会社は認めます。しかしながら、製品を開封した場合、配付を受けた者はこの限定使用条件に同意したとみなされます。

※本品に関するお問い合わせは、プロメガ株式会社までお願いします。