HOME > 日本オリジナル情報 > 高次元細胞実験プロジェクト ~ 細胞ビッグバン ~

高次元細胞実験プロジェクト ~ 細胞ビッグバン ~

培養細胞を用いた実験系は、最もシンプルな生体システムとして汎用されていますが、これまで同じ細胞サンプルから迅速に、しかもより多くの情報を抽出することは困難でした。また、3次元培養系のアッセイには溶解度の問題から、マーカーの正確な定量が難しいという課題がありました。プロメガではより生体に近い培養細胞実験系を実現するため、高感度な発光法、蛍光法を利用したカイネティックアッセイ、マルチアッセイ、3次元培養アッセイを提案します。


メタボリズムアッセイ

糖尿病やがんなどの種々の疾患において、細胞内の代謝経路が大きく変化していることが明らかになっており、疾患特異的な代謝経路が有用な治療標的となりうると考えられています。プロメガでは、最新の発光技術を利用して、より簡便に、より感度の良い、代謝産物や栄養因子のアッセイシステムを提案します。



Add to Measureの簡単プロトコルでスムーズな測定が可能

Image of 3 transfected cells

Image of 3 transfected cells

代謝産物や栄養成分に対する特異的デヒドロゲナーゼとリダクターゼを用いた方法により、代謝産物・栄養因子を発光シグナルに変換して測定。
Add to Measureの簡単プロトコルで、Glucose Uptake Assayでは約70分で測定可能。


優れた測定感度

Image of 3 transfected cells

従来法との感度の比較:

各濃度の2DG6Pを用いて、各アッセイ系での感度とアッセイレンジを比較した。従来法である蛍光法()や吸光法()と比較して、発光法()は優れたS/B比とアッセイレンジを示す。

Image of 3 transfected cells

RI法との感度の比較:

HCT116細胞を各細胞数で播種し、1mM 2DGを10分間取り込ませた。発光法()はRI法()と同等の感度を示す。


同一ウェルでのマルチアッセイ

Image of 3 transfected cells

グルコース取り込み能と細胞生存性試験の同一ウェルでのマルチアッセイ:

10,000個のOVCAR-3細胞をRealtime-Glo試薬を含む培地で播種し、各濃度のCisplatinにて27時間処理した。Cisplatin処理後、Realtime-Gloにて生存細胞の測定を行った後、グルコースの取り込み能の評価を行った。
マルチアッセイに関しては こちら



様々な代謝産物・栄養因子の測定例

※以下の表の"代謝産物・栄養因子"の列をクリックするとそれに対応するデータ等が表示されます。
Glucose |
細胞:3T3L1-MBX |
Glucose Uptake-Glo™

Image of 3 transfected cells

脂肪細胞様の分化モデルを用いたグルコース取り込み能の評価:

3T3L1-MBX細胞を20,000 cells /100μlで 96-well plateに播種し、Insulin、Isobutylxanthine、Dexamethasone、Rosiglitazoneを含む培地で、脂肪細胞様に分化誘導した。分化誘導後、種々の濃度のInsulinを含むDMEM培地 100uLに培地交換し、37℃, CO2インキュベーターで1時間インキュベート。培地を除き、2-DGを含んだPBS 50uLを加え、Glucose Uptake-Glo™ Assayにて発光測定を行った。(左図)
分化誘導を行った後の顕微鏡下写真。明視野(右上)、およびoil red染色(右下)より、分化誘導した3T3L1-MBX細胞において、脂肪滴の形成が観察される。

Glucose |
細胞:L6 rat myoblasts |
Glucose Uptake-Glo™

Image of 3 transfected cells

筋管細胞の分化モデルを用いたグルコース取り込み能の評価:

L6 rat myoblastsを10% FBSを含むDMEMにて5,000 cells /100μlで96-well plateに播種。その後、低血清下の条件で3日間、分化誘導を行った。アッセイ前日に無血清のDMEM培地に交換し、種々の濃度のInsulinを含むDMEM培地 100uLに培地交換し、37℃, CO2インキュベーターで1時間インキュベート。培地を除き、2-DGを含んだPBS 50uLを加え、Glucose Uptake-Glo™ Assayにて発光測定を行った。

Glucose |
培地 |
Glucose-Glo™

Image of 3 transfected cells

細胞培養上清中に存在する各栄養因子の測定:

A549細胞を5mM glucose, 2mM glutamine, 10% dialyzed serumを含むDMEM培地にて、 15,000 cells /100μlもしくは5,000 cells /100μlの条件で96well plateに播種した。8,24,48,72時間後に2.5uLの培地を取り、97.5μl PBS で希釈し、すべてのサンプルがそろうまで凍結保存した。最後のサンプルの回収後、各測定キットにて発光測定を行った。濃い色の棒グラフは15,000 cells /100μlを示し、淡い色の棒グラフは5,000 cells /100μlの条件を示す。赤い点線は培地のみのコントロールの発光値を示す。

Lactate |
培地 |
Lactate-Glo™

Image of 3 transfected cells

細胞培養上清中に存在する各栄養因子の測定:

A549細胞を5mM glucose, 2mM glutamine, 10% dialyzed serumを含むDMEM培地にて、 15,000 cells /100μlもしくは5,000 cells /100μlの条件で96well plateに播種した。8,24,48,72時間後に2.5uLの培地を取り、97.5μl PBS で希釈し、すべてのサンプルがそろうまで凍結保存した。最後のサンプルの回収後、各測定キットにて発光測定を行った。濃い色の棒グラフは15,000 cells /100μlを示し、淡い色の棒グラフは5,000 cells /100μlの条件を示す。赤い点線は培地のみのコントロールの発光値を示す。

Glutamate |
培地 |
Glutamate-Glo™

Image of 3 transfected cells

細胞培養上清中に存在する各栄養因子の測定:

A549細胞を5mM glucose, 2mM glutamine, 10% dialyzed serumを含むDMEM培地にて、 15,000 cells /100μlもしくは5,000 cells /100μlの条件で96well plateに播種した。8,24,48,72時間後に2.5uLの培地を取り、97.5μl PBS で希釈し、すべてのサンプルがそろうまで凍結保存した。最後のサンプルの回収後、各測定キットにて発光測定を行った。濃い色の棒グラフは15,000 cells /100μlを示し、淡い色の棒グラフは5,000 cells /100μlの条件を示す。赤い点線は培地のみのコントロールの発光値を示す。

Glutamine |
培地 |
Glutamine/Glutamate-Glo™

Image of 3 transfected cells

細胞培養上清中に存在する各栄養因子の測定:

A549細胞を5mM glucose, 2mM glutamine, 10% dialyzed serumを含むDMEM培地にて、 15,000 cells /100μlもしくは5,000 cells /100μlの条件で96well plateに播種した。8,24,48,72時間後に2.5uLの培地を取り、97.5μl PBS で希釈し、すべてのサンプルがそろうまで凍結保存した。最後のサンプルの回収後、各測定キットにて発光測定を行った。濃い色の棒グラフは15,000 cells /100μlを示し、淡い色の棒グラフは5,000 cells /100μlの条件を示す。赤い点線は培地のみのコントロールの発光値を示す。

Lactate |
組織 |
Lactate-Glo™

Image of 3 transfected cells

Control % Recovery
Lactate 105%
Glutamate 88%
Glutamine 107%

組織サンプル中の栄養因子の測定:

凍結脳サンプル(~10mg)のホモジネートを作製し、各栄養因子の測定を行った。右表% Recoveryは各アッセイにおける、各栄養因子の回収率を示す。

Glutamate |
組織 |
Glutamate-Glo™

Image of 3 transfected cells

Control % Recovery
Lactate 105%
Glutamate 88%
Glutamine 107%

組織サンプル中の栄養因子の測定:

凍結脳サンプル(~10mg)のホモジネートを作製し、各栄養因子の測定を行った。右表% Recoveryは各アッセイにおける、各栄養因子の回収率を示す。

Glutamine |
HCT116 |
Glutamine/Glutamate-Glo™

Image of 3 transfected cells

Control % Recovery
Lactate 105%
Glutamate 88%
Glutamine 107%

組織サンプル中の栄養因子の測定:

凍結脳サンプル(~10mg)のホモジネートを作製し、各栄養因子の測定を行った。右表% Recoveryは各アッセイにおける、各栄養因子の回収率を示す。

Glutamate |
細胞 |
Glutamate-Glo™

Image of 3 transfected cells

細胞内のグルタミンおよびグルタミン酸の測定:

PC3細胞を各細胞数で96well plateに播種し、同一のセルライセートを作製した。発光にて細胞内のグルタミン酸およびグルタミンの量の測定を行った。

Glutamine |
細胞 |
Glutamine/Glutamate-Glo™

Image of 3 transfected cells

細胞内のグルタミンおよびグルタミン酸の測定:

PC3細胞を各細胞数で96well plateに播種し、同一のセルライセートを作製した。発光にて細胞内のグルタミン酸およびグルタミンの量の測定を行った。

代謝産物・栄養因子 サンプルの種類 製品名
Glucose 細胞:3T3L1-MBX Glucose Uptake-Glo™
Glucose 細胞:L6 rat myoblasts Glucose Uptake-Glo™
Glucose 培地 Glucose-Glo™
Lactate Lactate-Glo™
Glutamate Glutamate-Glo™
Glutamine Glutamine/Glutamate-Glo™
Lactate 組織 Lactate-Glo™
Glutamate Glutamate-Glo™
Glutamine Glutamine/Glutamate-Glo™
Glutamate 細胞 Glutamate-Glo™
Glutamine Glutamine/Glutamate-Glo™