HOME > 日本オリジナル情報 > 新規 安定発現細胞 TrueSTABLE Cell 作成受託サービス

新規 安定発現細胞 TrueSTABLE Cell 作成受託サービス

本サービスは人工染色体 HACとかずさDNA 研究所の新規部位特異的組換え酵素システム(VloxP-SloxP テクノロジー)
およびプロメガのHiBiT 技術を応用した新しい作成法による安定発現細胞作製サービスです。

本サービスに関する技術記事

特 長

  • 実験クオリティー大幅アップ:細胞に影響を与えない人工染色体上の定位置に目的遺伝子を1コピーだけ導入できるため、より正確な発現/表現型の比較が可能(ゲノムを傷つけず、挿入位置が明確)
  • 柔軟で効率的な導入法:新規な部位特異的組換え法による正確、効率的な導入(異なる遺伝子を導入した複数個のクローン作製やダブルステイブルなど複数この遺伝子導入も効率的に作成可能)
  • より手軽な安定発現細胞作製:プロメガおよびかずさDNA研究所のテクノロジー・ノウハウによる作業工程の効率化(コストセーブ、納期が早い)

HAC への目的遺伝子の部位特異的組換え

TrueSTABLE Cellと従来の安定発現細胞株との比較
特長 従来法(プラスミドベクターを使用する場合) 新導入法(TrueSTABLE Cell)
導入 導入先 ゲノム(ランダムに挿入される) HAC(HAC上の定位置に挿入[挿入カセット])
導入コピー数(細胞あたり1種類の遺伝子について) コピー数の制御は困難(各クローンによりバラバラ)※過剰発現で細胞毒性を持つタンパク質の場合、発現株が得られない可能性もある。 1コピー
導入可能サイズ 10 Kb程度 数100 kb程度(移動元に依存:プラスミド・BACクローン)
作業効率 形質転換効率が低い(薬剤選択、大量のスクリーニングが必要) 新規loxPによりシステマチック(複数種の安定発現株作成も容易)
発現量 コピー数・挿入部位に依存 一定
発現の安定性 低い(低下する場合あり)※クロマチン構造変化による発現抑制を受ける場合がある 安定(プロモーターの性質を維持)※HACが宿主染色体と同程度に細胞中で安定である。
樹立に要する時間 3~4ヶ月程度 1.5ヶ月程度
価格例および問合せ
受託サービス名 細胞 参考価格(¥)
アカデミア 企業
TrueSTABLE Cell作成サービス
(Target Insertion)
(A)HEK293 600,000~ 1,000,000~
(B)お客様ご提供の細胞(汎用培養細胞の場合) 1,400,000~ 1,800,000~
安定発現細胞作成サービス
(Random integration:従来の安定発現株作成法による)
(C)HEK293 800,000~ 1,200,000~
(D)お客様ご提供の細胞(汎用培養細胞の場合) お問い合わせ お問い合わせ
HEK 293を用いたTrueSTABLE Cell作成サービスに含まれる受託内容例(A:① + ② + 納品物 ③)

①目的遺遺伝子のHEK293(HACを含む)への導入

※目的遺伝子(ORF)は材料としてご提供ください(Flexi ORF Cloneより別途購入も可能)。

②HEK293(HACを含む)での目的遺伝子発現の確認

※HiBiT、NanoLuc®、HaloTag®などプロメガの検出タグによる発現確認の場合は作業、試薬代は料金に含まれる。

[注意]上記以外のタンパク質検出法による発現確認については別途お見積りいたします。

③納品物は目的遺伝子を導入したHEK293 最低3クローン(各106個細胞)、発現確認データ
 その他(B)(C)(D)については別途お見積りいたします。
・納期:2か月~(TrueSTABLE Cell HEK293の場合)、3.5か月~(お客様ご提供の細胞またはRandom integrationの場合[B、C、D])

クローン:

プロメガのHiBiT、NanoLuc®、HaloTag®などの検出、精製タグを付加したORFクローン(Flexi ORF Clone)やこれらのタグを利用したタンパク質相互作用解析用クローンセット(8クローン)などの販売、サブクローニング受託サービスなども承ります。

セルベース解析:

プロメガのHiBiT、NanoLuc®、HaloTag®などのレポーターを定量するアッセイも承ります。

※納品された細胞に対する遺伝子改変はライセンス上不可
※本サービスで利用するHACはクロモリサーチ社で開発されたものです。