HOME > 日本オリジナル情報 > マルチオミックス解析受託サービス

マルチオミックス解析受託サービス

マルチオミックス解析受託サービスマルチオミックス解析受託サービス

かわら版2018年秋号はこちら

最先端機器を使用した統合的解析/個別解析よりリーズナブル/ボリュームディスカウントあります!

マルチオミックス解析-プロテインプロファイリングとRNAプロファイリングを同一検体から実現

解析装置

  • ・RNA-Seq:HiSeq、NextSeq(Illumina)
  • ・質量分析:Q-Exactive HF-X(Thermo Fisher Scientific)

ご送付いただくもの(1サンプルから承ります)

  • フェノールグアニジン系の試薬*、もしくはRNA保護試薬**で作製したサンプル *ISOGEN(ニッポンジーン社)、TRIzol(ThermoFisher社)、QIAzol(QIAGEN社)など **RNAlater(ThermoFisher社)など
  • サンプル種:組織、細胞、その他(ご相談ください)
    生物種:ゲノムが解析されている生物

RNA-Seqとプロテオーム解析で観測されたmRNAとタンパク質をコードする 遺伝子の重複
RNA-SeqとQ-Eactive HF-X導入以前のデータ依存型分析法(DDA)によるプロテオーム解析(左図)とRNA-Seqと本受託サービスのQ-Eactive HF-Xを用いた高深度DIAプロテオーム解析(右図)との比較を示す。分析したサンプルはHEK293F 細胞を用い、RNA-Seqとプロテオーム解析のそれぞれの解析で用いたデータベースに共通して存在した遺伝子のみを対象とした。以前のプロテオーム解析ではRNA-Seqで観測できる遺伝子数との差が大きかったが、本受託サービスの高深度DIAプロテオーム解析ではその点が大きく改善され、マルチオミクス解析を行う上で対象となる分子が大幅に増加した。

解析メニュー

*サンプル数のボリュームディスカウントは、サンプルが同じ実験系のものである場合に適用になります。
 異なる実験系のサンプルを組み合わせた場合は適用となりませんのでご了承ください。

解析メニュー 納期
8週間
4週間
4週間
4週間
4週間
1週間以内