マルチオミックス解析受託サービス

  1. > products > 安心国内受託サービス > multiomics

マルチオミックス解析受託サービス

サービス概要

ひとつのサンプルからRNAとタンパク質を抽出し、トランスクリプトーム解析及びプロテオーム解析を同時に実施します。プロテオーム解析の分析深度が従来よりも圧倒的に高まったことで観測対象となる分子が大幅に増加し、トランスクリプトーム解析データとの遺伝子数の差が小さくなりました。より包括的なデータが得られ、従来の技術では見いだせなかった新しい発見が期待できます。
サンプル(細胞、組織の場合)はフェノールグアニジン系の試薬、もしくはRNA保護試薬に浸した状態で送付するだけで良く、RNA・タンパク質抽出から解析までかずさDNA研究所にて一貫して行います。

実験例:
・試験化合物の添加の有無による細胞内のトランスクリプトーム・プロテオームへの影響比較
・組織中の正常部位と病変部位の比較
● 使用機器
トランスクリプトーム解析:
NextSeq 500[イルミナ社]
プロテオーム解析:
Orbitrap Exploris 480 [Thermo Fisher Scientific社], Q-Exactive HF-X [Thermo Fisher Scientific社]
● プロテオーム解析はタンパク質配列が解析されている生物種が対象となります。

RNA-Seqとプロテオーム解析で観測されたmRNAとタンパク質をコードする 遺伝子の重複
RNA-SeqとQ-Eactive HF-X導入以前のデータ依存型分析法(DDA)によるプロテオーム解析(左図)とRNA-Seqと本受託サービスのQ-Eactive HF-Xを用いた高深度DIAプロテオーム解析(右図)との比較を示す。分析したサンプルはHEK293F 細胞を用い、RNA-Seqとプロテオーム解析のそれぞれの解析で用いたデータベースに共通して存在した遺伝子のみを対象とした。以前のプロテオーム解析ではRNA-Seqで観測できる遺伝子数との差が大きかったが、本受託サービスの高深度DIAプロテオーム解析ではその点が大きく改善され、マルチオミクス解析を行う上で対象となる分子が大幅に増加した。

解析メニュー

トランスクリプトーム解析、プロテオーム解析、メタボローム解析メニューからご希望の項目を選択し、
組み合わせることができます。ゲノム解析をご希望の場合はお問合せください。
*取得データ量は目安の数値であり、それらのデータ量を保証するものではありません。

トランスクリプトーム解析

発現解析

3’RNA Seq

取得データ目安
100万リード(必要サンプル量 total RNA:2 µg以上(40 ng/µL以上))
納期
8週間

プロテオーム解析

下記から選択できます。

プロテオーム解析

●標準DIAプロテオーム解析によるタンパク質発現・相対定量解析:LC-MS/MS(DIA)

取得データ目安
5000〜7500タンパク質
納期
4週間
価格(1サンプルあたり)
¥ 209,000~

高深度DIAプロテオーム解析によるタンパク質発現・相対定量解析:GPF+LC-MS/MS(ライブラリ作製用)LC-MS/MS(DIA)

取得データ目安
7500〜9500タンパク質
納期
4週間
価格(1サンプルあたり)
¥ 303,000~
リン酸化プロテオーム解析

DIAリン酸化プロテオーム解析によるタンパク質発現・相対定量解析:LC-MS/MS (DDA, ライブラリ作製用) LC-MS/MS (DIA, 相対定量解析用)

取得データ目安
4000〜8000リン酸化ペプチド断片
納期
4週間
価格(1サンプルあたり)
¥ 291,000~

高深度DIAリン酸化プロテオーム解析による比較定量解析:GPF+LC-MS/MS (DDA, ライブラリ作製用) LC-MS/MS(DIA, 相対定量解析用)

取得データ目安
8000〜15000リン酸化ペプチド断片
納期
4週間
価格(1サンプルあたり)
¥ 379,000~

メニュー内容については プロテオーム解析のページ をご覧ください。

メタボローム解析

下記から選択できます。

脂溶性代謝物解析
網羅的代謝物の同定・相対定量解析

高深度なノンバイアス(ノンターゲット)スクリーニングによる高網羅的な脂質代謝物の同定・相対定量解析

取得データ目安
独自の先端的なin-house同定ソフトウェアや分離分析技術による脂質の網羅的なスクリーニング(500〜1000分子程度を検出想定)
対象:
遊離脂肪酸(中鎖~極長鎖型)、リゾリン脂質類、リン脂質類、スフィンゴイド類(S1Pを含む)、セラミド類、糖セラミド類(ガングリオシドなど)、グリセロ脂質類(中性脂質など)、グリセロ糖脂質類(MGDGなど)、ステロールエステル類(コレステロールエステルなど)、脂肪酸代謝物(アシルカルニチン・CoAなど)、リポアミノ類(アナンダミドなど)等
納期
4~8週間
価格(1サンプルあたり)
¥ 225,000~
標的代謝物の相対定量解析

フォーカシング(ターゲット)解析:遊離脂肪酸の相対定量解析

取得データ目安
C2~C24程度の遊離脂肪酸の高分離分析 (20~40分子程度を検出想定)
対象:
飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸
納期
4~8週間
価格(1サンプルあたり)
¥ 180,000~
水溶性代謝物解析
標的代謝物の相対定量解析

●”ワイド”フォーカシング解析:包括的な親水性代謝物の相対定量解析

取得データ目安
ω-3とω-6系脂肪酸(C18,20,22)由来の酸化代謝物の一斉分析 (100~200分子程度を検出想定)
対象:
リノール酸由来、リノレン酸由来、アラキドン酸由来、EPA由来、DHA由来など
納期
4~8週間
価格(1サンプルあたり)
¥ 225,000~

メニュー内容については メタボローム解析のページ をご覧ください。

● 作業内容:RNA/タンパク質/代謝物抽出* + ご希望の解析メニュー + 簡易データ解析**
* サンプルが凍結培養細胞、凍結組織の場合。その他のサンプルはご相談ください。
** ヒト、マウス由来サンプルの場合。
● 目安納期:ご希望の解析メニューのうち最も納期が長いもの+1週間程度
● 必要サンプル量(目安)細胞1×107以上、組織50 mg以上、血清/血漿 1 µL以上、尿200 µL以上
メニュー、サンプル種により必要サンプル量は増減します。お問合せの上ご確認ください。

参考注文例

実験目的 ヒト培養細胞を化合物で処理した場合の
トランスクリプトーム・プロテオームへの影響を検討
サンプル数 2(化合物処理・未処理)
選択メニュ― トランスクリプトーム解析:3’RNA-Seq
プロテオーム解析:DIAプロテオーム解析
作業内容 RNA・タンパク質抽出、クオリティチェック、
次世代シーケンス(ライブラリ調製+ラン)、
LC-MS/MS(プロテアーゼ処理+質量分析)、簡易データ解析
サンプル送付 PBSで洗浄した細胞にフェノールグアニジン系試薬を加え
チューブに入れ、液体窒素で凍結、冷凍便送付
参考価格 ¥ 700,000(2サンプル)
参考納期 9週間

納品物

作業報告書、fastqファイル、MSデータ、Scaffold DIA、最終的な解析結果 を記載したファイルの入ったDVD またはUSB メモリスティック
*①プロテオームの最終的な解析結果、②簡易データ解析によるRNA の発現量リスト、③プロテオームと3’RNA-Seq の発現量対応リストを含みます(②と③はヒト、マウス検体のみ)

ご注文の流れ

1

お問い合わせ・お見積りフォームに必要事項を記入し送信

2

お打ち合わせ、お見積り兼発注書・解析依頼書の受け取り

3

販売店に発注 解析依頼書にサンプル情報を記入し送付(Email)

4

サンプル送付(印刷した解析依頼書を同梱)

サンプル送付方法

  • 必要サンプル量は各メニューの記載をご参照ください。
  • 細胞、組織にフェノールグアニジン系の試薬*、もしくはRNA保護試薬**を加えた状態でお送りください。
     ホモジナイズは不要です。
     細胞、組織以外のサンプルはお問合せください。
    *ISOGEN(ニッポンジーン社)、TRIzol(ThermoFisher社)、QIAzol(QIAGEN社)など
    **RNAlater(ThermoFisher社)など
  • サンプル送付前にサンプル情報を記載した解析依頼書(Excelファイル)をメールにてお送りください。
    サンプル送付時にはプリントアウトした解析依頼書を同梱してください。
抽出したRNAとタンパク質をお送りいただくことも可能ですが、データのバラつきを最低限にするため、抽出作業は弊社にお任せいただくことをお勧めいたします。
サンプル 調整方法 送付方法
培養細胞 培地を除去後、PBSにて2回洗浄し、フェノールグアニジン系などの
試薬を加えチューブに入れて液体窒素で凍結
ドライアイスを同梱し冷凍便
組織 取り出した組織をPBSにて血液を除去し、フェノールグアニジン系などの
試薬が入ったチューブに入れて液体窒素で凍結
ドライアイスを同梱し冷凍便

解析依頼書送付先: otoiawase@kazusagt.com

サンプル送付先

〒292-0818
千葉県木更津市かずさ鎌足2-6-7
株式会社かずさゲノムテクノロジーズ
Tel: 0438-52-2001
*注意:平日に到着するようご指定ください。