Bright-Glo™ Luciferase Assay System・ Steady-Glo® Luciferase Assay System ・ ONE-Glo™ Luciferase Assay System

Bright-Glo™, Steady-Glo®, ONE-Glo などシングルルシフェラーゼアッセイとは?

プロメガではシングルルシフェラーゼアッセイ定量システムとして、NanoLuc、ホタル及びウミシイタケのルシフェラーゼ測定システムをご用意しております。各システムの特長を別表にまとめてあります。

例えば、ホタルルシフェラーゼの発光半減期は、Steady-Glo® > ONE-Glo > Bright-Glo™ の順で長くなっていますが、発光値は、Steady-Glo® < ONE-Glo < Bright-Glo™ の順で低くなります。サンプル数や使用するルミノメーターの種類、研究の目的に合わせて使い分けてください。

表. 各ルシフェラーゼ毎のアッセイ試薬の比較(ルシフェラーゼ間の比較でないことにご注意ください)

試薬名 発光量 発光持続時間 細胞溶解 Catalog# 例
NanoLuc用試薬 Nano-Glo Luciferase する N1110
Nano-Glo Live Cell しない(生細胞) N2011
Nano-Glo Vivazine N2580
Nano-Glo Endurazine N2570
ホタル用試薬 Bright-Glo する E2610
ONE-Glo/ONE-Glo EX * E6110/E8110
Steady-Glo E2510
Luciferase Assay 別途 E1500
ウミシイタケルシフェラーゼ Renilla-Glo する E2710
Renilla Luciferase 別途 E2810

図. 各アッセイキットの初期発光量と時間依存性

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980