MagneGST™ Protein Purification System ・ MagneGST™ Pull-Down System

どのようなBufferが溶出Bufferとして使用できますか?

GST-Tagタンパク質を効率的に回収するためには、別の溶出液と組み合わせることにより、回収量を増やすことができます。代替法による溶出液は、以下のとおりです。GlutathioneGlutathioneは、MagneGST™ Glutathione ParticlesからGST-Tagタンパク質を効率的に溶出できます。
10mM以下のGlutathione濃度で50kDa以下の小さいサイズのタンパク質を溶出することができます。タンパク質の分子サイズが増加するにつれて、効率よくGST-Tagタンパク質を溶出する必要があるかもしれません。MagneGST™から溶出させたGST-Tagタンパク質にはGlutathioneが含まれています。Glutathioneは100mMの濃度まで高くすると、溶出が困難なタンパク質を回収することができます。Triton® X-100Glutathioneの存在下で1%までのTriton® X-100を添加すると、効率よく溶出できると考えられます。Triton® X-100は、100 mMのGlutathioneと500 mM NaClの濃度まで使用できます。塩化ナトリウム塩化ナトリウムは、GST-Tagタンパク質とMagneGST™ Glutathione Particlesの間のイオン的な相互作用を妨げるために溶出Bufferに添加することができます。500mMまでのNaCl濃度で溶出が困難なタンパク質の回収に使用できます。溶出Bufferの使用量サンプルから濃縮したタンパク質を得るためには、溶出Bufferの使用量を標準プロトコルの半分~3分の1まで少なくすることができます。しかし、GST-Tagタンパク質の回収量は減少します。いくつかの場合については、溶出Bufferの量を多くすると、GST-Tagタンパク質の回収量が増加します。

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980