TNT® System

TNT® Systemではribosomal binding site (RBS) は必要ですか?

TNT® Systemの翻訳反応では、ribosomal binding site(RBS)は必要ではありません。

原核生物の翻訳反応のときに開始コドン上流からおよそ9塩基がribosomal binding site(RBS)として必要になります。また、この配列は二次構造を形成しません。真核生物の場合では、キャップ構造の有無や、internal ribosomal entry site(IRES)にかかわらず、開始コドンの「AUG」の前後に翻訳に必要なKozakのコンセンサス配列をもつことが必要です。

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980