TNT® System

どれくらいの大きさのタンパク質を翻訳することができますか?また、1反応あたりどれくらいの量のタンパク質を得ることができますか?

社内データでは、約15kDa~100kDaの分子サイズのタンパク質を翻訳できることを確認しています。約200kDaの大きさのタンパク質を翻訳している報告例もあります。
RRLでのタンパク質の翻訳は、ユビキチン化が起こると考えられ(15)、15kDa以下のタンパク質翻訳には推奨しません。
WGEは、RRLよりも小さいタンパク質の翻訳反応に向いていると考えられます。ただし、翻訳できる分子サイズ、翻訳量、転写・翻訳の効率は遺伝子配列に依存します。

RRLおよびWGEを用いたTNT® Systemでは、150~300ng/ 50uL 反応スケールのタンパク質量を翻訳できます。

参考文献:

  1. Anne P. Døskeland and Torgeir Flatmark (2002) Eur. J. Biochem. 269, 1561-1569.

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980