Felxi® HaloTag® Clone

発現タンパク質の精製用のレジンはありますか?

HaloLink™ Magnetic Beads(G9311)や、HaloLink™ Resin (G1911/G1912)を用いて、HaloTag®融合タンパク質をレジンに結合させることができます。しかし、HaloTag®融合タンパク質は、レジンに共有結合するため、HaloTag®融合タンパク質を再回収することは困難です。 
レジンに固定後、HaloTag®と標的タンパク質をProTEVプロテアーゼ(カタログ番号V6051)で切断することで、標的タンパク質を溶出し、精製することができます。

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980