Transcend™ Non-Radioactive Translation Detection Systems

大腸菌の無細胞タンパク質発現系(E. Coli S30 Extract)にTranscend™を用いることはできますか?

E. Coli S30 ExtractとTranscend™を組み合わせて使用することは可能です。S30 SystemとTranscend™を使った合成した反応溶液5µLにアセトン20µLを添加し15分間遠心して沈殿させています。そのあとで、20µLのLoading Bufferに懸濁しSDS-PAGEを実施しています。反応溶液を直接添加する場合は、反応5~8µLを使用してください(SDS-PAGEにアプライする量は10µLです)。

Transcend™の製品プロトコルに記載がありますが、大腸菌の翻訳系を用いる場合は、アミノ酸のリジンマイナスを使用すると効果的です。

また、以下のことに注意してください。

  1. PVDFメンブレンに転写後のBlockingは、0.5%Tween/TBSで1~2時間実施してください。
  2. SDS-PAGEゲルにアプライする際は、1µLの反応溶液を使用してください。(これ以上添加しても高い効果は得られません。)
  3. 50µLのE. Coli S30反応溶液に対し、最大で2~3µLのTranscend™を使用してください。

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980