TNT® System

TNT® Systemで翻訳させた溶液からヘモグロビンを除去することはできますか?

酢酸溶液を使ってRRL由来のヘモグロビンを除去することができます。以下に操作手順を紹介します。

  1. 60uLのRRL反応溶液に対し17.4M 酢酸溶液を1uL添加し、試験紙を用いて pHを確認します。水で20倍希釈し、再びpHを確認します。
  2. 遠心すると、沈殿物にあるタンパク質は茶色となっており、上清液は、濃紅色(または茶色)になっています。上清液は除去してください。沈殿物は、50uLのBuffer (40 mM imidazole, 4 M NaCl, 160 mM Tris-HCl pH 7.9)でよく懸濁して溶解させる。
  3. 沈殿物がよく溶けない場合は、65℃、10分間温めてください。
  4. 1,400xg 10分間遠心すると、沈殿物と上清液に分離します。沈殿物と上清液は 1X sample buffer に溶解し、SDS-PAGEにアプライします。

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980