TNT® System

TNT® Systemで翻訳させたタンパク質の発現をどのように解析すればよいですか?また、システムに付属のコントロールDNAを転写・翻訳したルシフェラーゼはどのようにして発現を確認しますか?

プロメガでは、RI標識またはウエスタンブロットによる発現確認を推奨しています。SDS-PAGE後のCBB®染色は、ライセート由来のタンパク質のバックグランドのバンドも出現するため推奨していません。

TNT® Systemのうち、コントロールDNAで発現させたルシフェラーゼは、製品に付属のLuciferase Assay Reagentをライセートサンプルに添加して発光量を測定することができます(ルミノメーターで測定)。ルミノメーターを所有していない場合は、Anti-Luciferase pAb(G7451)を用いてウエスタンブロットで確認することができます。ルシフェラーゼタンパク質は61kDa付近にバンドが出現します。

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980