TNT® System

Non-RIの系で翻訳反応はできますか?

可能です。プロメガでは、FluoroTect™ GreenLys in vitro Translation Labeling System(L5001)またはTranscend™ Non-Radioactive Translation Detection Systems(L5070など)を用いて蛍光標識またはビオチン標識することができます。この場合の転写・翻訳の反応溶液には、コンプリートのアミノ酸を用いください。また、Luciferase Control RNAを用いた翻訳反応から、WGEのライセートを使用したときにエキストラバンドの出現を確認しています(翻訳反応Q&A参照)。

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980