MagneGST™ Protein Purification System ・ MagneGST™ Pull-Down System

MagneGST™ Protein Purification Systemの保存条件を教えてください

システムの構成品は、-20℃と4℃保存に分かれます(表2)。MagneGST™ Glutathione Particlesは、凍結させないでください。磁性体粒子の表面構造が変化し、結合力が低下します。

表2  MagneGST™ Protein Purification Systemの保存条件

システム構成品保存条件
0.5M Glutathione-20℃で3ヶ月間、それよりも長期保存の場合は、-70℃で保存してください。凍結融解の繰り返しは5回までとなります。5回以上の凍結融解の繰り返しは避けてください。
RQ1 RNase-Free DNase-20℃で保存してください。
MagneGST™ Cell Lysis Reagent-20℃で保存してください。
MagneGST™ Binding/Wash Buffer-20℃で保存してください。
Tris Buffer, 0.5M, pH8.14℃で保存してください。
MagneGST™ Glutathione Particles4℃で保存してください。凍結させないでください。

よく見られている質問

まだデータがありません。

インターネットでのお問い合わせ

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

製品詳細・学術的なお問い合わせ専用ダイヤル(受付時間:平日9:00~17:00)

TEL 03-3669-7980